ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングに積立

今月は、バイオセクターのジャパン・ティッシュ・エンジニアリングを宝くじ枠として7株積立した。昨年、積立してすぐに撤退した同じくバイオセクターのUMFファーマは、さっそく紙屑になろうかという勢いになっているが、JTECとUMNのリスク要因は根本的に違う。JTECは黒字化が予想されているが、バイオだし、黒字化がずれ込むこともよくある話。そもそも、計画通りに進捗しているバイオ株のほうが少ないと思う。
2017014321.gif20170177748938.gif

デフレ脱却関連枠
ケネディクス
LCHD

宝くじ枠
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング

積立総額 二十六万円
確定損益 -2,264円

時価総額 228,297円
買付余力 153円
合計 228,450円 損益率 -12.13%

デフレ脱却関連枠は、政府・日銀の動向次第で撤退もあり得る。宝くじ枠は、紙屑を買ったつもりで、よっぽのことがない限り、基本放置。
スポンサーサイト