日経平均、新記録の16連騰

日経平均は、56年9カ月ぶりに14連騰を記録し、上昇記録がどこまで伸びるのかと注目していたが、けっきょく16連騰で連騰記録更新となった。快挙というより、初動というか、これからの大相場を占う合図というか、ぜひともそうなって欲しい。

日銀の異次元緩和は継続中で、企業業績自体も日経平均のEPSは右肩上がりで好調そのもの。目先では、選挙も問題なく終わり政策にも注目が集まる。ここのところ日経平均とドル円の相関関係はかなり薄れているが、円安傾向に向かいそうだし、連騰中に買っていない日銀の買い入れ余力もあまっている。

物価の値上がりも目立つ。2年前は尻つぼみに終わったが、今度こそデフレ脱却へと踏み切ることができそうな気がする。10年単位の株価波動の変化というより、失われた20数年を取り戻すことが出来るかもしれない。そう考えると、16連騰は何らかの事象の現れで、きっかけはやっぱり2012年末のアベノミクスからなんだな。

当時からすると日経平均は倍以上になっているが、バブルは弾けなければいいんだし、バブルだって騒ぐにはまだまだはやい。北のリスクは逆にチャンスと出来るように。
bubble.png

今月はオプティムを2699円で4株追加した。ここは何か出ない限り、来期予想が出るまで厳しそう。5月までか……。
201710369439004321.png20171077748938.png

デフレ脱却関連枠
ケネディクス
LCHD

宝くじ枠
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
クラウドワークス
オプティム

積立総額 三十五万円
確定損益 -2,264円
時価総額 430,225円
買付余力 -746円(メモ、取引履歴から計算する)
合計 429,479円 損益率 +18.5%

続きを読む

スポンサーサイト

北が6度目の核実験

今月は9月3日に北朝鮮が核実験を行った。戦争なんて起こらないと見る向きもあるけど、このまま放置すれば、北から核が拡散するのは目に見えているわけで、9.11をやるような狂信的な連中は打算抜きで何をするかわからない。アメリカだけでなくEUも核テロの脅威にさらされることを考えると、最悪、韓国と日本に核が落ちるくらいで済むなら……という決断もありそうな気がする。白人から見れば、しょせんは黄色人種の国だ。

日本の核シェルターの普及率はわずか0.02%。頭の中がお花畑の連中は、9条さえ唱えていれば核が落とされないとでも思ってるのだろうか。他国の普及率(スイス100%、イスラエル100%、ノルウェー98%、アメリカ82%、ロシア78%、イギリス67%、シンガポール54%)と比べると、戦争に対する認識が甘すぎるんじゃないかって気がする。日本もとっとと憲法改正して核配備すべきだ。

朝鮮総連、反日反米を掲げる朝鮮学校、パチンコ屋など、ずっと日本は北への資金供与を見逃していたわけで、日本がテロ支援国家だと言われても文句は言えないんじゃないだろうか。工作員やスパイも野放しで技術もだだ洩れだし。本当に日本人はお人よしが過ぎる。信じていた夫が北の工作員だったなんて例もあるし、殺されてからじゃ文句も言えないんだぜ。

201709369439004321.png20170977748938.png

今月はケネディクスを522円で20株積み立てした。

デフレ脱却関連枠
ケネディクス
LCHD

宝くじ枠
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
クラウドワークス
オプティム

積立総額 三十四万円
確定損益 -2,264円
時価総額 401,122円
買付余力 158円(メモ、取引履歴から計算する)
合計 401,280円 損益率 +18%

投機と投資、短期投資と長期投資

今月は、月初に北朝鮮リスクの再燃があり、積み立て分も防衛関連に思いっきりシフトさせてしまおうかと少し考えたが、結局やめ。月一万円の積立分については、投機や短期投資というより、じっくりと長期投資を行いたい。検討していた石川製作所は、先月末1200円から1800円まであって1422円。想定していた値動きとかなりずれてて、高値売り損ない、結局たいしてとれなかった。

投機と長期投資についてはともかく、中期投資と長期投資についてはちょっと意識しないとごちゃまぜになっている。なんとなくテクニカルで買いと思っていても…中期投資というより、短期投資のエントリーポイントになってたりするし。ただ、月一万円の積立をしているぶんには粛々とドルコスト平均で積み立てていく方向性でいいのかもしれない。

基本的に投機というか投資期間が短くなればなるほど確実性は高まる。デイトレが最たる例で、どんな相場環境であっても毎日の数字が見込めるから仕事になるわけで。長期投資は、たいがいの小型株でも~ショックってときには影響を受けるし、また、仮に今後三年、相場環境がよくて利益が出たとしても、その三年だけの話で、下げ相場に入れば、また別の経験を積まなければならない。一日何百回も取引できるようなデイトレに比べたら、年に数回しか取引する機会がない長期投資は熟練させるのにデイトレとは比べるべくもなくはるか長い時間が必要なのは間違いないと思う。

前回、日本株がバブルに沸いたのが約30年前。当時も現役でありながら今もずっと研鑽を積んでる人はどれほどいるだろうか。今の現役世代は自分も含めて前のバブルを経験していない投資家も多いと思う。
201708369439004321.png20170877748938.png
今月はオプティムを3株積み立てした。

デフレ脱却関連枠
ケネディクス
LCHD

宝くじ枠
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
クラウドワークス
オプティム

積立総額 三十三万円
確定損益 -2,264円
時価総額 359,467円
買付余力 706円(メモ、取引履歴から計算する)
合計 360,173円 損益率 +8.93%

テロ等準備罪が施行

今月11日にテロ等準備罪が施行された。共謀罪などと言っている自らの行いを恐れている連中もいるようだけど、ぜひとも警察には頑張ってほしい。

先日の森友問題から加計問題の流れで、官邸には全く非がないにもかかわらず安倍内閣の支持率が急落している。

行政が歪められた、と安倍政権を批判する前川前事務次官に対し、前愛媛県知事は、ゆがめられた行政がただされた、と反論しているが、メディアではほとんど報道されない。加計の一番の問題は、一部の既得権益者のための岩盤規制と文科省の怠慢、それとメディアの報道姿勢だろう。

北朝鮮の工作員が記者をやっているような新聞を毎日読んで踊らされているような日本人がいるとしたら馬鹿としかいいようがないと思うのだが。テレビ局にも日本が嫌いなくせに日本人風の通り名を使っている連中がうじゃうじゃいる。もしくは反日特亜の都合がいいように日本を変えようとしている連中だ。政治的中立を守らない、放送法に反しているメディアは害悪でしかない。

つい先日、佐賀銀行の社員が1億円以上預金している顧客のリストを流出させる事件があったが、流出してしまった顧客リストはすでに犯罪者の間で出回っていることだろう。佐賀銀行の社員についてはよく知らないが、反日的な思想や日本人を憎んでいる連中はあちこちにいるわけで、ちょっと前も大和証券内に北朝鮮の便衣兵と公言している暴力集団の一員が紛れ込んでいたことが発覚している。証券会社は、反社会的組織とは……などと言っているくせに。まあ氷山の一角なんだろうな。有事の際は色々とありそうだ。

今月はLCホールディングスを9株積み立てした。
201707369439004321.png20170777748938.png
デフレ脱却関連枠
ケネディクス
LCHD

宝くじ枠
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
クラウドワークス
オプティム

積立総額 三十二万円
確定損益 -2,264円

時価総額 372,670円
買付余力 -483円(メモ、取引履歴から計算する)
合計 372,187円 損益率 +16.3%

オプティムに新規積立

今月は宝くじ枠としてオプティムを3株積み立てした。が、タミングがずれている。5月のJTECの積み立てを一か月前倒ししとかないといけなかった。JTECは黒字化しても動かないんならってことなんだろう。当面はカタリストも見当たらなそう。

NYではamazonとgoogleが1000ドル達成したのをきっかけに買われすぎとみる向きが広がったようでハイテク関連は調整を強いられている。二日間の下げだけでFANGの時価総額は14兆円も減少したとか……日本株のほうは~ショックというほではないが、同様のセクターは多少なりとも影響を受けていたようだ。
201706369439004321.png20170677748983.png
デフレ脱却関連枠
ケネディクス
LCHD

宝くじ枠
ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング
クラウドワークス
オプティム

積立総額 三十一万円
確定損益 -2,264円

時価総額 336,424円
買付余力 1,001円(メモ、取引履歴から計算する)
合計 337,425円 損益率 +8.12%

オプティムは、積立してから四季報しか見てない人が結構いるんじゃないかって気がしてきた。今期の数字が期待できないってことを織り込むのにどのような値動きになるだろうか。激しい値動きになればチャンスがあるかもしれない。デイトレ、及び短期投資で……。